HOME > ごあいさつ・スタッフ紹介

ごあいさつ

代表 税理士 石井英治

経営に携わる皆さまへ

税理士費用は削れてもわずか。節税の落とし穴による損失は無限大。

税制というものはその良し悪しは別として非常に複雑にできています。会計のミス、節税の漏れは、あとから気付いても遅いケースが多々あります。その損失を取り戻すために必要な売り上げはその何倍にもなることを考えると、税務対策を正しく行うことは企業経営において欠かせない重要項目です。

昨今はインターネット上で様々な情報を見ることができますが、税制は変化します。ネット上の情報の信ぴょう性の判断、言及されていることの微妙なニュアンスの解釈はプロに任せるのが賢明です。


また、会計、経理、税務は普通の方がされると結構時間がかかるものです。そういった業務は私たちにお任せください。会社様には営業活動に専念していただくのが会社の利益になります。



起業時のスピード感を共有。
起業のエネルギーを事業に集中していただくために、弊事務所でも同じスピード感覚でサポートいたします。特にIT系、Web制作のお客様など、事業のスピード感は非常に早いです。IT系以外のお客様も含め、決算報告、融資に関するご連絡など、一歩先を読んでお応えすることをモットーとしております。

 
提案型のアドバイス。
毎月の報告時に弊事務所がご用意するのは決算書だけではありません。決算書は納税のために使うものであって、企業経営に役立てるには不十分です。弊事務所では変動損益計算書、未来会計図表を使い、どうすれば利益を出すことができるのかを簡潔にご説明いたします。また、「売り上げはあるのにお金が減っている、なぜ??」といったことが起こります。こういったケースでは、当事務所の独自資料「今月の利益はどこに消えた?~キャッシュフロー計算書」を追加で用意し、わかりやすくご説明します。さらに、御社の決算時期に合わせた「税務カレンダー」を用意し、「いつ、何を気を付けなければいけないか」を可視化します。また、毎月のご報告時に税額予測を行い、節税対策を行います。
 
 
品川区で40年以上の実績。従業員50名未満の会社様を中心にサポート。
長年の実績の積み上げによるノウハウやご支援してきた経営者ネットワークは多岐にわたります。その中でも弊事務所が主にご支援するのは、年商500万~10億円、従業員50名未満の会社様です。業種は飲食店・IT・アパレル・美容室・歯科・製造業・建設会社など幅広くサポートしています。
所員には3名の税理士が在籍、最低2人の税理士のチェック体制がございます。
お客様は東京、埼玉県、山梨県、神奈川県と多地域に渡ります。また、他士業(弁護士、司法書士、行政書士、弁理士、社会保険労務士等)との連携でワンストップのサービス。また、セミナーも随時開催しており、ご好評をいただいております。


「お客様の会社を元気にすることで、その従業員と家族を元気にしたい。」これが石井税務会計事務所の思いです。

代表 税理士 石井英治

石井会計事務所の職員をご紹介いたします。

石井英治(石井税務会計事務所代表、税理士)


昭和43年2月生 複数の国内会計事務所にて勤務、法人、個人の税務申告、調査の実務を積む。 平成11年 税理士登録 平成13年~平成22年まで、外資系ファンド、ローンスターに在籍し、不動産投資、不良債権投資を中心に多数のファンド・スキームの会計、税務申告(日本申告)、税務調査(税務署、国税局)、ファイナンス業務を担当。 平成22年3月より現職。

  

星野明司(石井税務会計事務所副代表、税理士)


昭和43年11月生 平成5年より石井会計事務所に勤務、多数の税務申告、税務調査に関わる。 平成19年税理士登録。豊富な実務経験ときめ細やかな対応で顧客の信頼も厚い。


石井孝(石井税務会計事務所顧問、税理士)


昭和12年生  昭和43年1月 品川区戸越にて石井税務会計事務所設立 現在に至るまで東京税理士会理事、荏原支部副支部長他、各種役職を歴任、 40年以上にわたり品川区戸越の税理士として従事する。数百社の顧問実績による会社経営、法律に関する指導は定評がある。